今度は駐車場さがしだよ。と経理課長

経理課長の日記です♪

月末だというのにFXとやらを始めてしまいました…。

FXというとTKCのソフトが真っ先に浮かびます。
それ位初心者です。

FXのサイトでバーチャルですが、実際の数字を使って遊べます。

サイトは本店の営業部長から教えてもらい、先日始めたばっかりです。
勉強にと思って始めましたが、ほとんど興味本位。

ニュースがより深く味わえるようになる…かな?

営業部長は同じ社内でバーチャルFXの仲間が出来たのが嬉しいらしく、ポンドが下がったときは
「俺のポンドがー!!」と嘆きの声をメッセンジャーで送ってきてくれます。

落ち着け。君のポンドではない。バーチャルだ。

初心者で何も知らない私に本を貸してくださった本がこちらです。
まだ最初部分を読んだだけですが、やさしく書いてあります。


↑クリックで詳細にいけます。


☆ ☆ ☆


今日は駐車場探しの旅に出ていました。(法人契約です)

今度は新幹線の駅に近い駐車場を探す、というイベントが発生中です。

駅に近い駐車場は人気があるので去年の夏から長期にわたり予約を入れて順番待ちをしています。
後は直接行っても予約さえも出来ず、来年1月か2月にまたきて、といわれていました。

駐車場探しは時間が来ないと進行しないイベントです。(RPGか。)


順番待ちの駐車場は望みが薄いので、足を使って探していました。
まるでベテラン刑事です。でもこんな仕事も気に入っています。

駅前の不動産屋にもあたりましたが、紹介されるのは駅から遠い所ばっかり。

結果、直接行って管理人さんに声を掛けて回るか、看板があったらそこへ電話をして確認するのが一番良い方法となったわけです。

今回行った駐車場は前回門前払いをくらった所です。

※駅前は時間極め駐車場ばかり。
月極め駐車場はここが一番近いです。よって激戦区。


1月が終わりますので、また管理人のおじさんに声をかけにきました。

「去年来た時に、この時期に空くかもしれないと言われたので又きました。」

と、言うと「この時期じゃまだ空かないよ。順番待ちだよ。4月か5月又来て」とあっさり言われてしまいました…。

ここ、前回は空きの順番予約すら受け付けてくれない所。

しかし折角隣の駅から来たので手ぶらで帰るわけにはいきません。
おじさんからこの辺りの駐車場の情報収集をして帰ることにしました。

…私の質問から始まり、なんだかんだ話す事15分。

おじさんの「月極駐車場を始めたいきさつ」やら「こんな借主は嫌だ」話(グチ)まで教えてもらい…

しばらくして「あんた、会社どこにあるの?」…「駐車場はあんたが使うの?」とこちらの話になっていきました。

そんなやり取りの後、結構話こんだので帰ろうと駄目モトで名刺を渡し
「順番まちしますので、開いたらここへ連絡いただけますか?」とお話しましたところ…。

突然、
「2月にすぐ駐車場が空く予定あるから連絡するよ。
あんたなら真面目そうだし、いいよ。すぐ空きがでたら教えるよ」

と言い出したではありませんか!?

…真面目そうに見えるかどうかはさておき。

よほど今まで(特に女性の)借主には散々な目に遭ってしまっていたようです。
そんな話も色々聞きましたし。


ありがたいことに名刺を受け取ってくれ、おじさんの事務机に敷いているシートの下に入れてくれました。

運がいいというか、なんというか。
駐車場はすぐに見つかりそうです。

最近は何でも電話一本やメールで済ましているのが当たり前になりましたが、たまにはこんな足で稼ぐことも良いです。

人気ブログランキングへ
↑クリック一発で済ませられる応援もあります♪


<経理課長の日記・完>

物件契約の事追加と経理課長

訪問ありがとうございます。

経理課長の日記です♪

USBメモリ見ていたら、こんなにかわいいの見付けました。
猫好きに捧げます。反則です。

↓肉球USBメモリ

クリックで拡大します。

ノートPCから猫手が「にゅっ」と出ている様はちょっと怖いかも…?
まあ、いろんなUSBメモリがあるのですね。


☆ ☆ ☆

前回のお部屋探しは無事契約が終了しました。
契約料も支払い済みです。

あとは鍵の受け渡しと引越しを待つのみです。


なので今回は、私が現在住んでいる物件の契約をした時の事を書いてみます。

家賃の交渉についてです。
家賃は下がることもあります。

気に入ってもそのまま契約してはもったいないです。
今住んでいる所は、法人契約ではなく個人契約です。

個人で契約するので、いつもはしないパターンの家賃交渉をしてみました。
それで不動産屋さんから印象が悪いと思われても、個人の責任ですし。
会社の契約では使ったことの無い不動産屋で探しました。

私の場合は、気に入った部屋がみつかったのですが、同じ物件を仲介している不動産屋さんをもう一つ見つけました。
で、それぞれに家賃がもっと下がるか聞きました。

家賃57,000円だったかの部屋を50,000円だったらすぐに住みたいというのと、「希望額まで下がらなければ急いで引越ししなくて良いし、また次に良い物件が出るまでのんびり探しますよ」というのを伝えました。

(実際その通りにしようと思ってました。時間的余裕があるっていいですね。)


ただ、親切な不動産屋さんの方があまり下がらなかったので、他の不動産屋でも同じ物件をみつけ安かった、といって再度交渉してもらいました。

結果。他の部屋に住んでいる人には内緒にしてくれ、と言われ7,000円位下がりました。

時間的余裕があるなら家賃交渉成功しやすいです。

時々不動産屋さんから、「他の人から内見の希望が出ているので早く押さえた方がいい」と言われることがありますが、余裕があるので動揺して言われるがままに申し込むようなことをしなくて済みます。

正直(?)というか商売っけが無い不動産屋さんは先に「家賃下げられます」と言ってくれますが、やり手の不動産屋さんとは心理戦になります。

敷金や礼金・仲介手数料も、「家賃の○か月分」という所が殆どなので、ベースとなる家賃は重要です。1,000円でも下げられると初期費用が違ってきますから。
ダメモトで聞いてみるのをおススメします。

☆ ☆ ☆

■たまにこんな事も■

社員用に追加で部屋を借りたい時がありました。
大家さんと親しかったので直接やり取りしたところ、仲介手数料無しで契約できました。

☆ ☆ ☆

因みに私の部屋探しは最後まで2つのうち一つをなかなか絞れなかったのですが、決めなかった方は後日(1年後ぐらいでしょうか)そこを通りかかると、更地になっていました…。
危なかったです。

引越しした後日、隣の人に挨拶をと思ったのですが…
最近は個人情報の管理がうるさらしく、隣の人が男性か女性かも教えてもらえませんでした。女性ならすぐに挨拶に行くつもりでしたのに。


現在は雨漏りも風情がある自慢のレトロハウスとなっています。
今時雨漏です。
というか、大家さん、修理の業者に連絡しているはずなのですが・・・。

大雨が振った時にポタポタと落ちてくる雨だれをみてボンヤリしているのでした。

雨漏りを加味しても、まだこれ以上の物件に出会っていません。


<経理課長の日記・終わり>


人気ブログランキングへ
↑クリックして応援お願いします。

昭和レトロ物件と経理課長

経理課長の日記♪

総務人は見た…!物件探しと経理課長その2です。

最初にお詫びです。

前回の記事でコメントの引用部分に『あっちゃん先生』様からと書いてしまいましたが、正しくは『エクセレントゼミナール 主宰 小野博史』様からいただいたコメントでした。

お二方には、ご迷惑をお掛け致しまして大変申し訳なく思っております。
本当にごめんなさい。
前回の記事は訂正してあります。

☆ ☆ ☆

前回の記事の続きです。

さて…最初に見た物件は、3DKの物件です。
築25年だったか。総務で見取り図を見せてもらい、企画の部長さんも混じって皆で好き勝手言い合い検討した結果、「もうここしかないよ、決まりだね!」と言っていた物件です。

えー、総務と経理…今回は早くこの仕事を済ませたい雰囲気もあるといいますか。
とにかく時間がないので、「ここだ」というのをピンポイントで見て早々に切り上げる作戦です。一撃必殺!

あとは実際に物件を見てどうか、だけになっていました。

現地は綺麗にフォームされていました。
が、不動産屋さんはしきりに「古いですね」と言っています。

ここは古いのか…?
私の住んでいる部屋に比べるとはるかに新しい。おかしいな…。

自分の「古い」という判断基準が崩壊した瞬間です。

このままでは物件探しにつれてこられた意味がなくなってきます…。
役に立ちません。立ち位置ヤバイです。

ちょっと焦って、色々チェックしました。
日当たりはもちろん。壁の厚さや、壊れているところはないか、排水溝のニオイなどです。

結果は「ここがいい」と総務人Gさんとの一致した意見でした。


帰った後、総務部長に報告と自分の「古い基準」が崩壊した事を話をしました所、一言。
「○○(私の名前)の部屋は古いよ。新しいと思っていたの?」
「え?」

※総務部長さん、引越しの時手伝っていただきましたので、中は知っています。

その一言によーく考えてみると、あまりに今の部屋に見慣れすぎていて、最初内見した時
あまりのボロさに引いていた事を思い出しました。

だんだん客観的視点が出てきました。

私の住んでいる部屋の壁は触ると、あのボロボロ落ちる昭和の壁です。
ラメが入っています。ラメ入り。キラキラ。
風呂も昔風の丸い形のタイルが敷き詰められています。
換気扇はプロペラ形。

うん。どうみても清々しい程の昭和のレトロ物件だった。

古いのは好きです。昭和のレトロさも新鮮です。和室はすばらしい。
珍しい古さだったので、新手のデザイナーズマンションだと思って住むことにしたのでした。

もっと言うと、以前住んでいた部屋はもっとボロかった。
「レトロハウス」と名前を付けて住んでいました。

という訳で。新築がいい、というこだわりの人がいますが、古さは慣れますよ。
住めばそれが普通になります。

慣れは良くもあり、悪くもありますね。

続きます。

<経理課長の日記・次回へ>


人気ブログランキングへ
↑クリックで応援お願いします。

総務は見た…。物件探しと経理課長

訪問ありがとうございます。経理課長の日記です♪

〜前回のあらすじ〜

総務の策略(?)により会計監査前にもかかわらず、自ら進んで社宅用の物件探しをお手伝いをしてしまいました……。

あらすじ、これだけですんでしまいました。
もっと色々あったような?

えー…無事、会計監査も終わりましたので続き書いています。


☆ ☆ ☆ ☆

前回、『エクセレントゼミナール 主宰 小野博史』様より「素人でも応用できる物件探しのコツなどがあれば、ついでに書いてもらえると参考になります。」とコメント頂きました。
(コメント、ありがとうございます!)

すみません。私、素人の域を脱しているとはとても思えないレベルです。
なので沢山見た中で気が付いた事や、こんな事があるよ的モノをチョイチョイ挟んでいきます。お役に立てれば幸いです。


☆ ☆ ☆ ☆

総務人Gさんがネットでまず物件の候補を探し、異動する社員へデータを送りました。

本当ならこちらへ来る出張のついでに本人が見てくれ決めるということでしたが、風邪で急遽これなくなり。
結局、この機会を逃してしまったので本人が内見する時間もなく。

物件チョイスは総務の手に委ねられることになりました。

実物を見て写真を送り、雰囲気を伝えた上で決めてもらうことになりました。
その雰囲気を伝える係で総務人さんに同行しました。

物件の内見は、はっきり言って殆ど興味本位で同行です。趣味です。
…いいのか? 経験があるとはいえ、こんなヤツを同行させて。


物件は、間取りや写真だけでは分からない事が多いです。
実際みると想像していたのと違っていたりすることが多いですよね。

あと、雰囲気って重要です。
なんというか、暗い(日当たりだけの問題ではなく)・入ると閉塞感があり気が重いという部屋もあります。

沢山物件を見た人は、こういう雰囲気の物件に出会ったことありませんか?
こんな場合は自分の感覚を信じてやめた方が無難です。

毎日過ごす部屋ですから、その部屋の「気」というのは結構重要だと感じます。
部屋はそれぞれの雰囲気を持っています。


2DKか3DKの部屋を探していましたが、自分の住んでいる所よりいい条件の部屋が見つかると…ちょっと悔しいです。


それから…不動産屋さんが親切かどうかは重要です。

部屋は気に入ったのに不動産屋さんの対応が悪いな、と思ったら、同じ部屋を扱っている不動産屋さんを探すと良いです。

意外とありますよ。
仲介手数料も不動産屋さんによって違いますし。

今回、総務人Gさんがこの方法を使いました。

親切な不動産屋さんは、部屋でトラブルがあった時に大家さんとの間に入ってくれ、交渉もしてくれます。(本来そういうものですよね?)

酷いところだと、仲介して終わり。
後は困ったことがあってもアドバイスさえも一切なしで「大家と直接交渉して下さい」と投げられ路頭に迷ってしまったこともありました。

以降、その不動産屋から仲介してもらうことをやめています。

賃貸物件について何の知識もない場合、大家さんの言われたままに負担しなくてもよい修理費などを払ってしまうことになりかねません。

不動産屋さんが親切なところが良いですよ。


次回へ続きます。


<経理課長の日記・続く>


人気ブログランキングへ
↑良かったらクリックで応援してやって下さい。

総務の臨時社員と経理課長

経理課長の日記です♪

経理は部長を含め時々、なぜか総務の臨時社員になってます。
総務のお手伝いに借り出されます。

人手が足りないのが大きいですが、ただ隣の部署というだけというのも大きいです。

それもこれもきっと総務部長の策略です。

総務部長は人を使うのがとても上手い。
しかも、何の疑問もなく自動的に働かされます。
総務部長は「やって。」とおっしゃるだけ。多くは言いません。

しかし、この一言がまるで魔法のよう。
そうです! 言霊です。言霊を操っているのです。

仕事を鬼(!?)のように振る割には、人をちゃんと見てくれます。
困ったことや相談があると直ぐに時間を作ってくれます。
なんというか、不思議な魅力のある総務部長さんなのです。


総務の人とやる仕事が面白いから仕事が詰まってようが、お手伝いに行ってしまいます。
いや、…会計監査前なんですが。落ち着け自分。


因みに総務の仕事を手伝う時はこっそりです。

でないと、総務の一味とみなされ、やれ電球が切れただのコピー機の調子がおかしいだのやたら他部署から声を掛けられる結果となります…。


部署は上に立つ人がその部署の雰囲気を決めます。
なので、総務はそんな(どんな?)素敵な部署になっています。


という訳でつい先日は総務部の策略(?)により物件の内見に行ってきました。

社員が他県の店舗からこちらに異動してきます。
その社宅を決める為に行ってきました。

もともと総務と経理が一緒だった時代は、社宅の契約は私が担当していたこともあり。
見てきた物件は沢山あります。

目は肥えているはず…です。

そんな経験を最大限余すところなく生かし、私の今住んでいるアパートを決めました。

物件探しは時間があると面白いですね。
会社の仕事でやる物件探しはとにかく時間がないです。
決断力が鍵です。

そんな中での今回のチキチキ物件探しの旅。次回に続きます。


<経理課長の日記・完>

最後に…
人気ブログランキングへ
↑クリックで応援でもしてやって下さい。

年末調整でウッキー。と経理課長

経理課長の日記です。

まずはブログランキングへ応援してくださるか?(何この日本語。)
人気ブログランキングへ
だんだん誘導が雑になってきました。


昨日の飲み会で映画と昔のアニメの話で盛り上がりました。
その中の一人が一言。

「…俺、初恋はパー子だったんだよね…」

・・・・・・。

…えーと。パー子て「パーマン」に出てくるパーマン3号です。
林家さんの方ではありません。
そっちだったらもっと驚きだ。いや、それ位言ってアリです。

星野スミレではなくて、あくまでパー子なんだ!と力説していました。
どっちでもいいです。

それにしても何故このPCは「パー子」で一発変換が出来るのか…。
初めて打ちました。パー子。

パーマン2号は猿。人じゃない…という今考えると斬新なアニメでした。ウッキー。



さて、年末調整の季節ですね。
総務のG姉さんが頑張ってくださる。色々すんません…。

総務と経理は隣なので、年末調整の話題になっていました。

※年末調整は他のブログで詳しく書かれていてためになります。
人気ブログランキング「経理・会計・税金部門」
↑こちらからどうぞ。


総務のG姉さんは、年末調整説明会に出席するのは初めてです。
去年は、給与計算していた前任者からG姉さん引継ぎ時期で口頭で教わりながら一緒に年末調整処理をしていました。

G姉さんは今回が一人で初めての年末調整です。

年末調整処理にかかわる気ゼロの総務部長からは
「××(←私の名前)説明会、出るよね?××がいれば年末調整できるよね?」
とG姉さんと私に向かって仰る…。

いえ、出ません。
年末調整説明会は、去年(だったか)まで私も出ていましたが、なんでか導入部分で熟睡する癖がついてしまったので、今年からは出るのやめることにしたのです。

数年前までは給与計算の担当だったので、総務部長と一緒に説明会へ行った事もありましたが、2人で熟睡していました。
…何しにいったんだ。この二人は。


「年末調整の方法」みたいな冊子を読めば今年の変更点も書いてありますから大体つかめます。それで足ります。


困ったのは、初めて一人で年末調整説明会に出ることになった総務のお姉さん。
冊子を読んでも何をいっているのかよくわからない。

(初めて読むと結構謎です。処理できるようになってから冊子を見ると
「このことを言っているのか」と理解できるような内容の説明文書がある。
私に言われたくないでしょうが…説明文章が下手です。)


そんなこんなで初めての総務のG姉さんを励ますことにしました。

「年末調整説明会に出ると、分かったのか分からないのか微妙な気分になるけれど、まあ気にするな。

毎年出ていた私がそうだったから。

むしろ年末調整説明会は足りない書類を貰いに行くのがメインなのだ!」

…と、今までの経験を軽くアドバイスしたつもりでしたが全く励ましになりませんでした。
G姉さん明らかに困惑しています。

経理部長からは、
「年末調整は給与ソフトがあるし、分からなければ顧問の税理士さんに聞くといいよ。」
と、フォロー。ナイスです。


えーと…G姉さん、そういうことなので、年末調整応援しています。

年末調整で難しい処理の社員はいませんので、大丈夫。

本当に大変なのは法定調書ですね。


最後に経理課長ブログへの応援お願い致します。

人気ブログランキングへ
↑クリックするとポイント入ります。ウッキー(猿)。

<経理課長の日記・完>



健康診断で別の世界の扉が…と経理課長

経理課長の日記です♪

また姐さんから画像貰いました。画像、小さかったかな。
↓もはや説明は不要でしょう。
グラフィック1021.jpg


健康診断の続きです。
私より前の週に健康診断へ行った経理部長は、今日結果がやってきたようです。

来週に届くであろう健康診断の結果がちょっと楽しみです。

数字は比べられるので面白いです。
ただ数値化されるのが好きなのか、職業病なのか…。

というわけで「人気ブログランキング」も、数字が出るので面白い。

人気ブログランキング・経理課長ブログのただ今の数字は人気ブログランキングへ

一定の基準にはなりますが、週間OUTの数が多かったりすると、ランキングのサイトから経理課長ブログを見てくれた人が多いのか、というのは分かります。

が、数字だけでは面白いと思ってくださっているのか全くわかりません。
どうなんでしょうね。

それでランキングクリック数(週間IN)が一応の目安になるわけですが。

コメント書くまでもないけれど、まあ、それなりに読みました、という方はランキングクリックしてみて下さいな。たぶん更新が1日早まったりします。

数字は、ただ見ているのは苦痛ですが、基準を決めると面白くなります。

貸借対照表や損益計算書も、入社して数年は全く面白くなかったのですが、決算を何度か超え、経常利益や現預金の計算をしてからは、貸借対照表や損益計算書の数字がかわいいヤツらです。



さて、前回の健康診断センターの続きです。

受付を済ませ、スエットみたいなのに着替え、Sちゃんと並んで座っていました。
体調は整えてあります。

そろそろ呼ばれるころ。
「私は健康だ。私は健康だ。…」ちょっと暗示をかけてました。

Sちゃん「…課長、何やってるんですか?」

心を落ち着かせているのです。さあ、Sちゃんも言ってみろ!
Sちゃんにも謎の呪文を強要したり、若干嫌がらせをして遊んでいました。

メタボ診断の為のへそ回りを測る直前では、通っているヨガ教室で習っている、
「お腹を背中にくっつけるようにする」イメージで望む決意を新たにしました。


心電図って苦手です。

自分の心臓の音が機械から聞こえます。
ちょっと緊張するのは私だけでしょうか?

そのうち、音を等間隔に保たねばならない!とおかしな発想になったら、緊張しだしてきちゃいました。

緊張したら、音と音の間隔が狭まってきた。…ように感じられ。
そしたら、また緊張しはじめ…。

これはやばい…と思い落ち着かせることにしました。

…海だ。いや大空だ!自分は今大空にいる…。
心電図を測っている私は幻だ!と言い聞かせ…ちょっと別の世界に没頭していました。

まるで格闘漫画の悟りのシーンのようです。健康診断で。


そんなこんなで1時間位かかり健康診断は終了しました。
血圧は低めだったです。どうりで、立ち上がると目の前が白くなるわけです。

健康診断はちょっとしたイベントでした。

コンタクトをしているのですが、両方視力の差が0.5あったので、そろそろコンタクトを新調しなければいけない、ということがまずは分かりました。

<経理課長の日記・完>


人気ブログランキングへ
↑クリックでポイント入ります。応援お願いします。

※他の経理・会計・税金ブログがみれます♪

悪の牙城(?)健康診断センターと経理課長

経理課長の日記です♪

姐さんから画像いただきました。
↓左端のリスの体の角度が絶妙です。

近未来.jpg

健康診断の日のことを書きます。
引っ張りますね。健康診断ネタ。

さて健康診断の朝は「検体」を取る事から始まります。
直接的な表現は避けさせていただきました。ええ、「検体」で。

「検体」を入れる先の入れ物の蓋は先に取っておきましょう。
大変なことになります。


大変なことになりました。

右手に「検体」紙カップ。左手に空のフタを取ってない試験管みたいなもの(名称忘れました。)を握りしめ。
しばらく固まりました。
どうこの場を切り抜けようか、久しぶりに頭を使いましたよ。

そんなこんなで何とか出勤し、健康診断に一緒に行く予定の隣の部署のSちゃんに
「入れ物の蓋を取る前に検体出しちゃいけないね〜。大変だったよ。」
と話を振ると、

…Sちゃんも同じ事になっていた。

ここにもおバカがいました。

蓋を取る方法は違いましたが。


さて、時間になったので、健康診断センターへ行く為会社を出ました。
健康診断中は出勤・勤務扱いです。

健康診断センターへの道のりを2/3位きたところでしょうか。
自転車で信号を左に曲がろうとしたら突然Sちゃんが、

「課長〜!違うよ〜!右だよ!」というではないですか。
どうやら全く逆の方向に進もうとしていました。

毎年の敗因が分かった瞬間でした。
毎年私はここで全く逆に進んでいたのです。

海ってどっち?(健康診断センターは海側です)という問いに対して、
お互いが指さした方向は、真逆。

??そんなはずでは…。そうだ、これはアレだ。

Sちゃんに話ました。
健康診断センターは悪の牙城に違いないと。
健康診断センターへ行こうとするものを近づけないように惑わす魔法を使っているのです。
一端迷い込んだら修正がききません。
健康診断終わると、なんか妙に疲れるし。もう悪です。なんか使ってる。決定。

Sちゃん「でも私は毎年ちゃんと着けるよ」

それは悪の牙城の仲間だからだ。だから迷わずすんなり着けるんだよ。

Sちゃんは「えー!」とかいいながら反論し、予想通りのリアクションを取ってくれます。
やっぱり君はリアクション芸人だ。

そんなバカなやり取りをしながら、健康診断センターへ。
受付の時間よりかなり余裕をもって着きました。

うむ。道案内ご苦労。というか…本当に助かりました。

…続くかも。

<経理課長の日記・とりあえず完>

人気ブログランキングへ
↑クリックして応援してね。健康診断より簡単!クリックするだけ。

※他の経理・会計・税金ブログがみれます♪


−PR−
GRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)情報

アイデム情報を集めてみました

健康診断で自分を見失う件と経理課長

経理課長の日記です♪今日は健康診断です。

ええと、うちの会社の総務人にこのブログ見つかってしまいました…。

前にちょっと登場した総務のお姉さんGさんです。
こっそりやっていたので…ちょっと気恥ずかしいです。

総務のお姉さんGさんがコメント書いてくれました。ありがとう!

総務部こそ、色々面白い事(当事者にしてはかなり面倒な事態です)がおこったり、ネタには事欠かない部署です。

やれー、○○が壊れた!だの、備品の○○が足りないだの大忙しです。

前は経理課と総務部が同じ部署だったのですが、今は別々。
というわけで、経理課は雑用からかなり解放されたのでした。
ありがとう…。

さて、その総務部で手続きしてくれる健康診断が近づきました。

私の会社の事務所では、今月健康診断です。
早い人はもう健康診断済んでいます。

近くの健康診断センターに申し込んで、それぞれが個別に行きます。
大体1日2〜3人行っています。

今回は、隣の部署のSちゃんと同じ日になりました。

健康診断センターは毎年同じ場所で、自転車で15分位の所にありますが、迷う人が割りといます。

私もその中の一人で、健康診断センターへ行くのに毎年迷います。
1回で行けた事は1回位しかありません。毎年同じ健康診断センターなんですよ。

私は道に迷うことはあまりないにもかかわらず、です。
ある年は地図を見ながらいったこともありましたが…迷いました。


他の年は、別の部署の人と一緒に自転車で会社を出たものの、

信号の所でまかれてしまいました…。

なんでだ…?
結局さんざん迷い、通りすがりの人に道を聞きながらなんとかたどり着きました。

途中、なんだか姿が見えないけれどちゃんと付いてきているものと思われていた…らしい。
おかしいと思って下さい。

健康診断センターは海の近くなんですが、ある時は港にたどり着いてしまい呆然としたこともあります。

今年はSちゃんと一緒に健康診断センターへ行けます。
迷わない自信があるそうで…たよりにしています。

不思議な事に帰りは、迷ったことはないのですが、会社にたどり着くまでの経路が毎回違います。

道を見失っても自分は見失うな。ってことで。

<経理課長の日記・完>

人気ブログランキングへ
↑クリックして応援してね。経理課長にポイント入ります。
時々一瞬2位(笑)

※他の経理・会計・税金ブログがみれますよ♪


−RP−
バーバリーのブルーレベルバック情報!
職場のドロドロ人間関係を解消させる裏技

チキチキ金庫開閉作戦と経理課長

経理課長の日記です♪今日は防犯・耐火金庫ネタです。

どこの会社でも金庫ってありますよね。
手提げ金庫から防犯・耐火用の立派な金庫までピンきりです。

さて、総務と経理用の小さな金庫があります。
この耐火金庫は、主に鍵の管理に使っていて、ダイヤル式です。

ある日、総務の社員が鍵を取り出すために金庫を開けようとしていました。
が、開きません。
金庫のダイヤルの番号を書いた紙を見ながらですが、金庫はピクリともしませんでした。

経理課もよく金庫を開けるので、呼ばれました。

金庫の周りには総務の数人が集まって
「今日は金庫の機嫌が悪い」とか「もっと心をこめて!」とか言っています。

実は、私もこの金庫は数字を書いてある紙を見ないと開ける事ができない金庫なのです。

紙を出して、読みながら空けようとしました。
周りにいる人は皆、経理課と総務部。この金庫を空けられるはずの人たちです。

「えーと…まず△○で、次に○○…そして×△…」

チキチキチキ…。(←金庫のダイヤルを回す音)

途中で「えッ?」と何人かが驚きの声を上げます。

訳を聞くと、金庫のダイヤルの番号が違うとのこと。
いや、皆金庫を空けられる人たちですよね…??

なんと、一人ひとり聞くと、ちょっとずつ違う番号を言いだしました。
金庫のメモリが1か最大2違っています。

でも、それぞれが金庫をその番号であけているとのこと。

訳は、代々金庫のダイヤル番号は、引継ぎの時に口伝で番号を伝える為、流派(?)が出来上がっているようでした。3通りはあります。

私も経理課はそうとう長くいますが、やっぱり初めて教わった時も、口伝でした。
伝統職人の技か!!

不思議な金庫で普段あけている社員でも、時々うまく開かないこともあります。

そんな時は仲間を呼ぶと、金庫の周りに経理や総務の人だかりができて、皆思い思いの番号で金庫を開けようとしてくれます。元総務の人も駆けつけてきてくれます。

金庫メモリ、1つか2つ違っても開きますし、開かないときはとことん開かないのですよ。

心をこめたり、開いてね、と語りかけながら金庫のダイヤルを回すと割と開きます。
やっぱり原因はメンタル面なのか…?

<経理課長の日記・完>

人気ブログランキングへ
↑クリックして応援してね。今日は何位かその目で確認するよろし。
※他の経理・会計・税金ブログがみれます♪


−PR−
経営者の悩みをホ○○でスッキリ解消できる方法!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。