困った電話にケリをつけてみた。と経理課長

経理課長の日記です♪

コメント承認ためてしまい申し訳ありません。
承認しました。

いつもコメント・訪問・応援ありがとうございます。

ヘルペスも無事完治。あたたかいコメント本当にありがとうございました。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


平日、だいたい毎朝11:00頃に会社に決まって掛かってくる電話があります。

取ると「ピー ピー ピー」という音。
明らかに相手は電話専用回線にファックスを送ろうとしています。

あまりに頻繁に掛かってくるので困っていました。
だんだん殺意が沸いてくるので精神状態にもよくありません。

というわけで今日という今日は着信履歴を出しました。

相手先にFAXをして「違いますよ」と教えようと思ったのです。
いや・・・きれいごと言いました。

本音は諸悪の根源を突き止めたい。


だいたい決まった時間に掛かってくるので、ただの営業FAXを送ろうとしているのではないかというのが部内の見解です。

その前にふと思い履歴の電話番号を検索窓に突っ込みググってみました。


・・・でました!

相手先は大手パソコン会社「DE●●」でした。
って…ここからよくPC買ってます。

ヒットしたサイトには苦情がたくさん・・・。
同じように電話の回線にFAXを何度も流され迷惑したというものが殆どです。


サポートセンターのフリーダイヤルも載っていたので早速電話。

サイトにはこのサポートセンター、片言の日本語を操る人が出たという情報も載っています。大丈夫か?

本当にDE●●のサポートセンターなんだろうな…?

ちょっとドキドキしました。
まさかDE●●がそんなことを…。

期待をよそに電話をかけると出た方は片言でもなく、ちゃんとした日本人でした。

そこで確認。
「この03-5657-××××から弊社の電話専用回線に毎日のように電話が掛かってきますが、そちらの電話番号でしょうか?」

サポートセンターの方は確認するので折り返し連絡する、ということでしばらく待つことにしました。


10分後

今度は男性のスタッフの方から電話が掛かってきました。
話を聞くと、確かにDE●●からの番号だったそうです。

ただ、DE●●の委託業者がこの番号でファックスを流しているということでした。
ウチの番号を伝え、困っていることと登録を削除してもらうようにお願いして一応一件落着です。

…本当は文句のひとつも言ってやりたいぐらいでした…。

それにしてもDE●●はひどい委託業者使っているな。というのが感想。
なんだかがっかりしました。

DE●●さん、その委託業者、やめた方がいいですよ…。
それとも間違った情報を伝えるDE●●に問題があるのか。
サイトに苦情が載っていることも伝えました。

これが上に届くかどうかは謎ですが。伝えてあげて!

電話回線に掛かっているのに転送が掛かっていると何度も掛かってきて本当に困ります。

こんな電話が掛かってきたらぜひ番号でググってみることをおススメします。


<経理課長の日記・完>


人気ブログランキングへ
↑よかったら応援クリックお願い致します。

間違い電話と経理課長

今日の経理課長の日記は、間違い電話ネタです。

経理課が主に出る代表回線は、時々間違い電話がかかってきます。
その中で明らかに多いのがこんな電話。

ガチャ「はい、○○でございます。」

「タクシー1台頼みます」

「…はい?(聞き間違いか…?)」(←語尾を上げてはいけません。)

「あの、タクシーお願いしたいのですが…」

うちの会社は割と幅広いですが、こんな事業展開はしていません。

と、こんなやり取りが数ヶ月に1回はあります。
もちろん間違い電話です。タクシー会社だと思って掛けてきます。

で、市内のタクシー会社を検索してみました。
ありました。電話番号が下4桁のうち、1つが違うだけの「△△タクシー」。
ここと間違えられていたのでした。

そして、今日もありました。この間違い電話。
手が離せなかったので隣の部署の人が出てくれました。

話終わり、受話器を置いた後、隣の部署の人が一言
「…タクシーお願いしますって言われたんだけど…」と困惑気味でした。

つかさず同じ部署の姐さんが
「かしこまりましたー!て言えばよかったじゃない。
で、■■タクシーを呼んであげるんだよ」

どの辺が「かしこまった」のか教えて欲しい…。

※■■タクシーとは…
何度も利用しているので、うちの会社の電話番号が登録されているらしく、名乗らなくても了解してくれ、すぐ来てくれるタクシー会社です。

電話を掛けると、すぐ「ああ、○○さんですね」と言ってくれます。
なぜ分かるんだ!?と逆に恐れられています。


えーと、間違い電話には気をつけましょうね。

電話を掛け間違ったら、ちゃんと謝って受話器をおきましょう。
逆切れは最悪です…。

<今日の経理課長の日記・完>

今日の経理課らしい一言…。
電話料金の仕訳科目は、うちの場合「通信交通費」で処理しています。

人気ブログランキング登録してますが、「会計・経理・税金」のカテゴリなんでいよいよ不安になってきました…。

人気ブログランキングへ
↑細々やってます。クリックして応援してね。
※ここから他の経理・会計・税金関係のブログがみれますよ。


―PR―
職場のドロドロ人間関係を解消

こんな電話は失礼?と経理課長

経理課長の日記、本日は請求書と電話の事です。

先日、某コピー機のメーカーから経理課の回線に連絡が来ました。
「請求書のお支払いはいつになりますか?」という内容でした。

このコピー機のメーカーさんは、普段はメンテナンスやリースの引落がメインなので請求書で支払うことは稀な業者さんです。
当然経理課に直接電話が来ることも稀です。

請求書の支払い漏れか!?と思い、確認して折り返し電話をすることにしました。

経理の入力のデータにはまだ支払われていないことを確認。
続いてこれから支払う予定の請求書のホルダーをあさりました。

ありました。
でも、請求書の支払い期限は今月末です。督促を受けるようなものでもありません。
ムッとしましたが、不思議にも思いましたので、折り返し連絡をしました。

「請求書はありました。確かにまだ支払っていませんが、支払い予定日は今月末になっています。
(声のトーンを落として→)すぐ支払わなければいけないような状況に変わったのでしょうか?」

そしたら、コピー機のメーカーさんは、焦って
「いえ、請求書が届いているかどうかの確認です。月末のお支払いですね。ありがとうございます。」と言って電話は切れました。

…なんなんだ…。

あの、この電話、失礼だと感じるのは私だけでしょうか…?


まず。最初に支払いはいつになるか?と聞くよりも前に、最初は請求書が届いているかの確認で連絡をした旨知らせるべきです。

請求書の支払日がまだ先なのに、いつ支払いかを聞くのもアウト。
(滞納の常習犯なら仕方ないですが。)

でも、実は相手のメーカーは、請求書の支払いを忘れないようにしてもらう為に、そんな電話を入れているんだと思うのですよ。

そのまま言っては確実に失礼です。
かといって、いつ支払うのか?という事を聞くこともまだ早い。まだマシですが。

支払っていないのか!督促なのか!と焦るではないですか。
で、請求書確認して支払日がまだ先だと分かると、なんでそんな電話するのか?と怒りが沸いてくる。

請求書が届いているかどうかの確認ならそんなことないはずです。

本当は、請求書の金額もさして大きくないし、余裕を持って20日〜25日ぐらいに支払うつもりでいたのですが…もう支払予定日当日に払います。

経理課の「月末支払いホルダー」行き決定です。

逆効果ですよ…。

請求書の事で電話を掛ける時は、本当に気をつけようと思います。


人気ブログランキングへ
↑クリックありがとうございます。ちょっとずつですがランキングが上がってきましたよ。

※クリックすると他の経理・会計ブログがみれますよ。

―PR―
職場の嫌な人間関係とおさらばする方法

N●Tの代理店の営業電話が憎い。

今回の経理課のネタはNT●の代理店と名乗る営業電話について。

領収書のこととか経理のネタもまだ色々あるけれど。
今日はこれで行きます。

●で伏せなくてもいいのかも…。微妙。だれでも分かるって。

会社の代表電話を取ったことある人は必ず受けたことがあるはずです。
N●Tの代理店と名乗る電話。

しつこい所が時々ある。
まずやっぱり「シャッチョさんにつないでくれ」と言われる。
社長が直ぐでるか!

最近は電話の担当者宛にかかってくることが多いですね。

最近はまれになったけど、もう、何回も掛けてきて。
代理店がいっぱいあるのか、もう色んなN●Tの代理店と名乗るところからかかってきます。

迷惑以外の何者でもない。

「弊社はN●Tの法人担当者がいますんで」というとたいてい引き下がってくれます。

でも、引き下がらないで、「工事が必要かどうか回線を調べさせてくれ」「伺います」なんてしつこく言う業者があったのですよ。

かなりしつこかった。
あまりに対応も酷く、しつこいので、N●Tのお客様相談室みたいなのありますよね?そこへ会社名言って苦情を言うことにしたのです。

ところが…その代理店、無いのですよ。
お客様相談室の担当の方は丁寧に答えてくれました。

「伺います」といわれていたことも伝えていたら、後日、「いかがですか?実際に来ましたか?」とわざわざ相談室の方が電話を掛けてきてくださったのです。

実際にこなかったのですが、怪しい代理店(?)でした。
もちろん会社名はネット検索にもひっかからない。

しつこい代理店は会社名を控えておき、N●Tの相談窓口にいいつけると良いようですね。

でもN●Tの代理店という制度がウザイです。

最初にマイラインの会社を何にしているか聞いてくる。
N●Tでもないのに代理店なんかにそういう情報はあまり答えたくないです。

料金が安くなるという提案はN●Tから直に欲しい。
話早いし。こっちの持っている回線知っているから。

とにかく情報を聞き出そうとする電話には注意ですよ。

人気ブログランキングへ
↑細々やってます。クリックして応援してね。


ブログ
  ブログ

代表電話にかかってきた変わった電話。

今日の経理課(何でも屋)の課長日記は変な電話です。

経理課ですが、何でも屋なだけに代表電話にもでます。
というか、代表電話とる部署です。

電話は取るならワンコールが基本だ!

さて、代表電話なので、毎日のように「シャッチョサンいますか?」のような営業電話がかかってきます。

修行の結果、1分以内で印象良くキッパリ断れるスキルを獲得。

そんなところに今日変わった電話がかかってきました。

出ると自動音声です。
「?」と思い、ちょっと聞いてみました。

内容はこんな感じです。

「ゼイフォーライフです。オール電化についてのアンケートに答えてください」

で、強制的にアンケート突入。
答えを電話のプッシュボタンを押して答える形です。

えー・・・。

これって、自動音声の時点でアウトです。
アンケートに答えてって、失礼にも程がある。
どんな会社なんだ!

って思ってネットで検索しても出てきませんでした。
なので、会社名書きました。

架空の会社なんだろうな。きっと。
ホームページやブログがあったら苦情で炎上決定だもんな。

こんな失礼な電話を掛けてきて、アンケートに答えてくれる会社なんてあるんかな?

そしてアンケートという形をとっていましたが、本当の目的は何なんだ!?

アンケートに最後まで答えたら何がまっているのか?
途中で切ったからわからなかったけど、次回ヒマだったらちょっと答えてみたくなりました。

自動音声で「ありがとうございました」で終わったら…
本当にその会社探し出して文句言ってやりたい。
もちろんブログには格好のネタです。

こんな電話の面白い対処方法ってあるのかな。

今日はこんなところです。


人気ブログランキングへ
↑細々やってます。クリックして応援してね。

―PR―
職場の人間関係・いじめを撃退する方法 詳しくはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。