ドラマ『エンゼルバンク』と経費処理

今回は経理処理の疑問についてです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ドラマ『エンゼルバンク〜転職代理人〜』が面白い。

原作は『エンゼルバンク〜ドラゴン桜外伝』です。
漫画は両方読んだことないのですが、ドラマの『ドラゴン桜』も面白かった。

『ドラゴン桜』同様『エンゼルバンク〜転職代理人〜』も原作読みたいです。



まとめ買いもできるぞ。大人買いはこちら

【中古本】エンゼルバンクドラゴン桜外伝 (1-9巻続巻)漫画全巻セット

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ところで先日の第3話で、企業に保育所を作る“企業内育児支援”で急成長を遂げたベンチャー企業が出てきました。

ここからが本題です。
これを観て思う所がありまして。


税理士・会計士の方へ。
もし、これを読んでいましたら教えて下さい。

企業内に保育所を作る場合、これは経費で落とせるのでしょうか?

我ながら雑な質問だと思います。

厚生費あたりで落とせるものでしょうか。
契約の形態にもよるのか?

社員全員が恩恵を被る訳ではないので、経費では落とせないのでは・・・?
保育所を使うのはお子さんがいる社員だけ限定なので。

どうなのでしょうか。
経費で落とせないとしたら、そもそもこういうビジネスは成り立たないですよね。


因みに
小さいお子さんを持つお母さん社員の為に、個人でやっている託児所を契約しようとしたら、担当の税理士さんに「経費では落とせない」と言われました。

おかしくないですかね。
こういうのを経費で落とせるようにしたらいいと思う。
これじゃ働きにくいよ。

確かに全員が対象ではない、という考え方からすればおかしくないのですが、何かしっくりきません。

何か方法があれば教えて下さい。
こうすれば経費になるよ的な方法を求めてます。

考えられる方法としては、
お母さん社員の給与に託児所代を手当てとして上乗せして支給する方法位しかありません。

所得税も取られるし、住民税も取られることになるのであんまりウマい方法とはいえません。
処理も大変だし。

アドバイスお待ちしています。


今回は久しぶりにそれっぽいブログ記事になり、満足です。

それではまた。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


人気ブログランキングへ←クリックで応援お願いします。

コメントいただける場合、非承認希望でしたらその旨書いて下さい。
私だけ読んでブログにはアップしません。

応援・コメント下さる方、本当にありがとうございます。

-PR-

正真正銘!国からの権利収入!某公的機関より合法的に最低5万〜10万円の某資金を継続的に受け取り続ける方法

暴走・経営計画書と経理課長

経理課長の日記です♪


↑バナナの木です。かわいい。光触媒人工植物だそうです。
クリックで拡大するとちゃんとバナナが生っているのが分かります。

・・・実は・・・バナナは言うほど大好きではありません。
色々すみません(笑)
むかし昔、ラジオネームで使っていたのを流用です。


バナナ味のお菓子好きです。

↑ 日本テレビ「ズームイン!!SUPER」「秘密のケンミンSHOW」で紹介された
旭松堂のバナナ最中。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆


訪問、応援、コメントありがとうございます。

6月は綺麗に6日おき更新でした。偶然なんですよ。
だいたい金曜日の深夜書いて土曜日更新が多いです。

前回の記事のコメントで早速「経理応援なげやり乙女」様より、
「新刊早期ゲット大作戦 in 図書館」と題しまして図書館の新刊を誰よりも早く借りれる方法を伝授して下さいました。

ありがとうございます!参考になります。

一応、何度も読み返す本、特に好きな作家さんの新刊は購入しています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


新しい期に入ってしばらく経ちました。

経理部では「利益計画」、「資金計画」を作成しました。
この2つを「経営計画書」って呼んでます。

期の終わりごろから来期の計画を立て始めるのですが。

毎月実績を計画書に反映させて使っています。
これを元に会社の計画が決まるといっていいほど重要なもの「経営計画」!

それにしても利益処分の難しいこと。
資金と折り合いをつけてあーでもない、こーでもないと長考します。
考えるのは経理部長ですが。

私は見守っています。(一時期作っていました)


ある日。
「これは無いよな。いや、ないな…」と経理部長の独り言が聞こえてきました。

え?と思い二度見したら、視線に気づきプリントアウトした経営計画書を手渡されました。

「見て!この利益の数字。うははははは!!」
経営計画書で大ウケです。

経常利益の数字を目で追う私。
「!!なんですか!!この数字!あはははは!!」
「これは無いな」
「無いですね」

経常利益の数字が暴走していました。(良いか悪いかは秘密。)


今期は経常利益が爆走したまま、決算月までただひたすら走り続ける計画となっています。そんなばかな。

経営計画書のネタはまだ続き、「この数字!」とか、「ありえねー!」とかいいながら盛り上がっていました。

利益計画と数字でウケている経理部。

…多分、他部署からの共感は得られないでしょう…。
勘定科目のネタでも盛り上がったり揉めたりします。

因みに、経理部は勘定科目を番号で言ってたりしますのでまるで会話が暗号のような時も。
例:「これはいったん0番の1234に入れて後で5番の6229で戻しておいて」


現在、暴徒化した利益計画表は目に優しい数字に直して使っています。

↓最後に応援クリック↓お願いします♪
人気ブログランキングへ


<経理課長の日記・完>


―PR―
マカロニポン菓子通販

今週は会計監査の週と経理課長

経理課長の日記です♪

経理課では月次監査が迫ってきました。
スクラップブックや領収書がまだです。

毎月締めて、会計事務所の税理士さんに数字をチェックしてもらいます。

入力のチェックの真っ最中。
毎回、ミスを税理士さんに直されない様に財務部長に最終確認してもらいます。

入力がノーミスだと嬉しいものです。
が、時々税理士さんチェックをもすり抜けてしまうミスもあります。

取引名の誤字なんかが後日元帳になって…長く残り続けるのは屈辱です。決算書の誤字も痛いです。

まずチェックするのが消費税と課税区分です。
税理士さんも、ここを重点的に見てくれます。


前にあったミスは、

消費税の課税が6%になって入力されていた所。

まだ消費税アップには気が早いです。


課税区分が「5」なのに「2」と打っていたり。
(たしか「2」というには輸入業者が使うらしい。)

取引先の入力では、仕入れ業者のはずなのに、修理もやってます的な取引内容になっちゃったり。(仕訳間違い。)まあ時々あります。

現在はもちろん消費税率は5%ですが、入力ソフトには、懐かしい3%もまだ入力できます。

時々指が滑って、3%と入れてしまうことが時々あります。

それにしても、使っている会計ソフトは消費税が4.5%や6%も入力できるのですが、どんな時に使うのか未だに謎です…。
どこの国の消費税なのでしょう。

消費税導入した時は入社してなかったので苦労は知らないのですが、大変だったらしいですね。
5%に上がり数年たってもまだ3%で入力していた仕訳があったのを思い出しました。

導入当時はレシートや日付を見ながら5%と3%を区別していたそうだ。
負担だったでしょう。

そして今後消費税アップはあるのか…?(現状見ると、ちょっとありえそうですよね…)あったとしても処理のことは考えるのはやめます。

…などと課税区分や消費税の入力チェックをして思いました。

<経理課長の日記・完>


人気ブログランキングへ
↑クリックして応援してね。
※他の経理・会計・税金ブログがみれます♪


-PR-
職場のドロドロ人間関係を解消させる方法

経営者の悩みをすっきりさせる方法

うなれ!紙幣計算(計数)機と経理課長

今日の経理課長の日記です♪
紙幣カウンター(紙幣計算機や紙幣計数機とも言うそうですね)のこと。

久々に紙幣カウンターを使いました。

会社には防犯上、大金は置かないようにしているので、ほぼ毎日の小口を閉める作業の時は使いません。

だいたい60枚以上でないと使わないのですが、今回は枚数があったので、紙幣カウンターを取り出して数えました。

現金を扱う経理関係の人なら、あると便利!と思えるグッズです。

最初はこんなハンディなタイプがあるとは知りませんでした。
大体2万〜3万くらいのが中小企業では手ごろだと思います。スペースもとりません。
商品券も数えられますよ。


↑紙幣カウンター。こちら使っています。
画像クリックすると詳細見れます♪


紙幣カウンターを使うのは約一ヶ月ぶりです。
数十枚をセットして、紙幣カウンターのボタンをポチっとな。

いつもなら元気良く紙幣カウンターが「ウイイイイ〜ン!」唸りをあげて数えはじめます。

が、その日は

ウィ…ン。

とかなり控えめです。
だいぶ弱っている感じです。どうした?!紙幣カウンター!

100枚だと、最初は割りと勢いがよいですが、60枚位計数した所から明らかにバテはじめる…。
80枚過ぎたあたりは、いつ止まるかという感じ。非常に人間味があります。

原因は電池。切れそうでした。
しかし、台風が迫ってきていて雨が降りしきる中、電池を買いに行くのは避けたいです。

単三電池の位置を入れ替えたり、姑息な手段でだましだまし使うことにしました。

100枚まで数えたいので、紙幣カウンターをセットするのですが、99枚でエラーになってしまいます。

どうやら最後の1枚で燃え尽きてしまうようで、最後の1枚は、中途半端な位置で止まっています。

これでは100枚なのか、99枚なのか分かりません。

枚数を指定して計数すると、かならずあと1枚でエラーになります。
そうなると、この弱った紙幣カウンターを頼りにするわけにはいきません。

…経理課や経理部から、仮払なんかで渡させる現金入りの封筒に
「10万円ぐらい」とか「9万〜10万」とか書かれていたら。
そんな経理は嫌だ! 

経理は現金が1円たりとも合わないと帰れないのに、このアバウトさ!

結局、紙幣カウンターで数えたあと、信頼できないので手動でも数えなおし、確認しました。…なんだか余計時間かかりました…。

というか、紙幣カウンターで数えたのは余計だったぐらいです。

<経理課長の日記・完>

ちょっとまったぁ!クリックで応援宜しくお願いします。
人気ブログランキングへ
↑まだ20位以内にいます。今日は何位か見れますよ。
※他の経理・会計・税金ブログがみれます♪


―PR―
職場のドロドロ人間関係を解消

横浜銀…蠅の入力指示と経理課長

今日の経理課長の日記♪です。今日は本当にアホです。

来週は会計監査です。毎月、事務所に会計士さんが来てくれて会計ソフトへの入力チェックや、領収書・請求書のチェックをしてくれます。

今日の経理の仕事は、来週の会計監査に向けて資料を作る事。
経理部門の部長(以下、経理部長)にも手伝ってもらったり、見てもらっていました。

経理部長:「これ、『横浜銀』になっているよ」

『横浜銀行』とエクセルの画面に入力したつもりが、途中までになってしまっていました。
すみません、直します。

経理部長:「横浜銀蠅て入力したら会計士さん気がついてくれるかな?」


…どうやら今回は『横浜銀蠅』と入力するそうです。


…いいですけど…あの、そもそもI会計士さん横浜銀蠅なんて知らないと思う…。

『横浜銀蠅』…。
私も経理部長も、リアルで見ていた訳ではなく、昔のTV番組や「なつかしの芸能人」みたいな番組で見て覚えていたはずです。ロックバンド…ですよね。

そんな訳で会計事務所若手のI会計士は…生まれていなかったと思われ。


それにしても、『横浜銀蠅』にしてそのまま直すの忘れて書類を綴じてしまっていたら…
次世代の経理の人たちを混乱に陥れる原因になりかねないんじゃないかな。

因みにこの書類は5年間保存です。
これら書類を入れたダンボール箱は、税務調査ぐらいな事がない限りあけません。

まさにタイムカプセルです。
入れた本人もちゃんと中身を外側に書いても内容を忘れます。

何年か後、税務調査なんかの時に書類を開け、もし見つかったら、ちょっとした騒ぎになるかもしれません。

しかも、うちの会社は、事業内容に「DVD製作」なんて書いてあるもんだから中途半端にリアリティがあり危険です。

「横浜銀蠅と当時は取引があったのか!!!」
「請求書を確認しろ!!」

…そんなことに…!


…なるわけないな。
というか、そんなサプライズ要らんわ!

ちゃんと直しました。

今日の日記はカテゴリ「経理・会計の実務処理」に入れました。

強気です。


人気ブログランキングへ
↑クリックして応援しやって下さい。
※ここからまとも(笑)で役立つ経理・会計ブログがみれますよ。

真面目な経理・会計ブログが数ある中、このブログ…異色です。


―PR―
職場のイジメ撃退方法!

経理処理:消費税の差益について

はい。経理は決算です。
3月決算です。関連会社の経理もあるので、決算処理2つです。
がんばりますよ。ははは…。

で、関連会社の方の経理処理について
消費税の計算方法は、簡易課税と本則課税がありますが、簡易課税を採用していたのですね。
会社によって、損になるか得になるか考えて選んでいる所が多いと思います。

今年から簡易課税が、選べなくなりまして。
本則課税となりました。これ、うちの場合損なんですよ(泣)

で、移行の期だけ、簡易課税で計算した消費税と、本則課税で計算した消費税の差額が、差益として雑収入で計上されてしまいます。

法人税の試算が狂いました…。嗚呼。

いや、多分、毎月の会計監査の時に前に税理士さんが教えてくれたんだろうと思います。

しかし印象に残りませんでした。(またか)
トホホな経理課長です。

簡易課税、プレイバック!!困るのよ。

人気ブログランキングへ
↑細々やってます。クリックして応援してね。
※他の経理・会計ブログがみれますよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。