憎い領収書

久々の更新です♪
年度末から4月にかけて何かと忙しいのさ。

ただ今、月末の領収書の処理が終わったので、領収書をスクラップブックに貼っています。大量です。

で、貼りにくいもの。
それは交通費の領収書です。

交通費(電車)の領収書って、レシートタイプ(ぺらぺら)のものと切符と同じ紙のタイプのものがあります。厚紙のやつ。

この厚紙タイプの領収書が曲者でね。

奴等、のりを一生懸命つけても直ぐ剥がれるんですよ。
しょうがないので、セロテープで貼ります。

領収書の中で、取れない・とりにくいものって、交通費の領収書ですよね。
忘れたり、乗り換えで急いでいたりするとよく取り忘れる。
あるいは不慣れな駅だと、どこに領収書発行のスペースがあるか分からないでしょ。

駅の窓口なら領収書が取れるでしょうが、人が凄くならんでいる、とか。

そういう大変さを汲みつつも、出張に行く社員には経理は「領収書可能な限り取ってこい」命令(?)を出している訳で。

出張する社員は、律儀に取ってきてくれます。ありがたいです。

でも…貼りずらいんだな。むしろ憎いです(笑)

出金伝票の方がありがたい…なんて心の声は口が裂けても言えません…。
(※一口メモ:あまり出金伝票ばかりだと、税務署が来たときツっこまれる対象になります。領収書は揃えておきましょう。)

レシートタイプが普及してくれることを祈ります。

人気ブログランキングへ
細々やってます。クリックして応援してね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。